2016年08月30日

シンゴジラって

映画シンゴジラ、見た。

といっても、もう2回目なんですけどね。

越谷レイクタウンシネマで。

夏休み終わりかけなのもあったんでしょうが、満席!スゲっ

買った時には、なんと残り1席。

危ないところだった。

ネタバレ注意。


・・・

何度見ても飽きない、おもろい

いやあ〜ハマったなあ。

変に感動にもっていくこともなく、話が進んでいく。

なにしろ、リアル。

実際、想定外の巨大生物が現れたら、そりゃあ政府は混乱するだろうし、それでもなんとかしなくちゃいけない。

自衛隊を使うかどうかでも、右往左往。

縦割り、指揮系統の混乱。

まあ、とにかくありそうでリアル。

想定外なことでも、いちいちマニュアルどうり会議やら手順を踏むのが、まさに日本っぽい。

そういうのをカットしないで、がっつり観せてくれる。

また怪獣ゴジラもハリウッド版も含めて、最高にしっかり生き物としてつくりこんでるしてるのがイイんだなあ。

徹底的に、調べて対処法を探っていく。

それもゴジラのいる現場じゃなくて、密室でデータを照らし合わせていくという地味なんだけどリアルさがイイ。

決着のつけかたも、ハデな攻撃でぶっ壊しとは一味違う。

体の中から冷すという、なんとも言葉にすると地味そのものなんだけど、これがまたリアルでいいんだよなあ。

だって、ど派手な攻撃してもしうまくいかなかったら?核なんか使ってそのあとどうすんの?

ちゃんと考えて考えて、導きだした答えがラストのゴジラ凍結作戦。

すべてが日本っぽい。

これがたまらない。

怪獣と戦う映画で、こんな描き方してくれるとまだまだ日本映画いけるぞって思える。

ハリウッドのハデなCG、アクションに食傷ぎみになってたので、久々映画で萌えさせていただきましたよ。

庵野監督、ありがとう!!!!!!!!!!!!!!!!!!


ラベル:シンゴジラ
posted by コーイチ at 08:42| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

ホワイトゴッドはすごい!



とんでもなく、恐ろしい映画。

日本じゃ1000000パーセント作れない。

民族問題を犬におきかえたとまで見れなくても、犬が主体の映画として充分に見ごたえあった。

ただ、あまりにストレートでリアルさもある内容で、限られた映画館でしか公開されてないのも分かる気がするなあ。

観終わったあとの感想も、賛否両論ありそうで。

個人的に犬を飼ってる身として、とんでもなく胸にグサッと刺さったんだなあ。

街中を犬たちが疾走していく、なんてCGもなくよくやったよ。

これだけでも大スクリーンでみた価値あった。

日本でもアメリカでも、今はまずこういう切り口で犬を映画にはできないと思う。

犬の映画だからといって、のんびりほのぼの観る映画だと勘違いしてると、大きなしっぺ返しがきますよ。

超おススメ💡
posted by コーイチ at 09:11| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

ギャップのピアノがすごいって



ギャップ。

どこか人を寄せ付けない雰囲気を感じる、退廃的なイメージな人。

背中ごしでの印象だけだけど。

そんな人が奏でるピアノが!

やさしい〜〜んだなあわーい(嬉しい顔)るんるん

音の表現のしかたじゃないけど、音色に包み込むようなやわらかさを感じるんだよね。

演奏がうまいからすごいのとは、ちょっと違う。

埋もれないでよかったよね、こういうきっかけがあって。

なんかこういうの、日本の街中にもあっていいんじゃないかなって思った。

気軽にネットの今の時代には、テレビのオーディションとかより、よっぽど逸材見つかるんじゃないのかなあ。








posted by コーイチ at 10:30| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。