2014年06月28日

震える岩って2度おいしいよ きっかけは「震える岩」

震える岩 霊験お初捕物控    宮部みゆき 講談社文庫



宮部みゆきものは、先に紹介した模倣犯のような現代ものもいいんだけど

時代小説も捨てがたい!

そんな中で、外せない、というか思い出深いのが、これ。

江戸時代のミステリーでエスパーものでちょいホラー、まあこんなストーリーです。

実はこのなかで赤穂浪士の討ち入り、そう、忠臣蔵の話が伏線ででてくるんですな。

しかもかなり凝った出しかたで。

それがあまりにインパクト大きかったんだなあ。

忠臣蔵って登場人物多いでしょ。

だから敬遠してたぐらいだったのが、急に興味津々に。

それもこの一冊に出会わなければ、今ごろどうだったか。

なんだか横道にそれたようだけど、それぐらい一粒で2度美味しい、みたいな小説なんだなあ。

こんな推しかたもおもしろいでしょ手(チョキ)




【関連する記事】
posted by コーイチ at 21:40| Comment(0) | 時代小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。